ジャン=リュック・ゴダール

新生活家電:アイロン | コーヒーメーカー | シェーバー | シャワートイレ | キッチン家電 | ふとん乾燥機 | ホームベーカリー | 空気清浄 | 健康家電 | 照明・電球 | 炊飯ジャー | 掃除機 | 電気ケトル | 電子レンジ・トースター | 電動歯ブラシ | 冷蔵庫|

ジャン=リュック・ゴダール

作例

気狂いピエロ』(1965)

不幸結婚に嫌気がさしていたフェルディナン(ジャン・ポール・ベルモンド)が、昔の恋人マリアンヌ(アンナ・カリーナ)と偶然出会う。翌朝、見知らぬ男の死体があり、ふたりは逃避行に。最後、マリアンヌ裏切り絶望したフェルディナンが選択するのは、アルチュール・ランボーの詩の引用。


カルメンという名の女』(1983)

ゴダールカルメン”。精神病院に入院している元映画監督ジャン(ゴダール)のもとに姪のカルメンが訪ねて、彼の海辺の別荘を仲間たちと撮る映画撮影に使わせてほしいと言うが、本当の目的は仲間と銀行強盗をし、隠れ家に使うことだった。銀行を襲ったカルメン警備員ジョゼフと恋に落ち…、ゴダールらしい犯罪ミステリー。

脚本ゴダールの私的パートナーアンヌ=マリー・ミエヴィル。主演はマルーシュカ・デートメルス(イザベル・アジャーニの降板によって主演に抜擢)。

音楽ビゼーではなくベートーベンやトム・ウェイツなど


『新ドイツ零年?』(1991)

ベルリンの壁の崩壊後、ドイツは統一されテレビドキュメンタリーとして企画された。戦時中、ドイツ諜報員をしていたレミー(エディ・コンスタンティーヌ)は、東ドイツの小さな町に身を隠していた。シェルテン伯爵によって、西側に帰るようにすすめられる。実録映像を交え西洋の歴史映画史を交錯させる手法は『ゴダール映画史』など後期ゴダール表現の原点。『アルファヴィル』のレミーが再登場。

『はなればなれに?』(1964)

フランツとアルチュールは親友同士。だが北欧からきた英語学校生徒オディル(アンナ・カリーナ)に恋してしまう。オディルのおばの家に隠されているらしい大金を盗む計画を建てる犯罪ミステリー。


男と女のいる舗道』(1962)

子どもをおいて家出した女優志望ナナ(アンナ・カリーナ)、しかし生活に貧窮して娼婦に堕ちていく。そして衝撃のラスト。

劇中でアンナは『パンドラの箱』(1929)のルイーズ・ブルックスのヘアスタイルそっくりである。




* はてなダイアリーキーワード:ジャン=リュック・ゴダール


春の新生活用品特価、価格最大80%OFF
★コトバ★TASKS今日は何の日停電対策 Error : RSSが取得できませんでした。 ==