ハーバード式診断テクニック

新生活家電:アイロン | コーヒーメーカー | シェーバー | シャワートイレ | キッチン家電 | ふとん乾燥機 | ホームベーカリー | 空気清浄 | 健康家電 | 照明・電球 | 炊飯ジャー | 掃除機 | 電気ケトル | 電子レンジ・トースター | 電動歯ブラシ | 冷蔵庫|

ハーバード式診断テクニック

ハーバード式診断テクニック

ハーバード式診断テクニック

亀山元帥

著者から

最近の医学医療は、あまりにも高度・複雑化し、細かく専門化され過ぎてしまった感がある。医者教育もそれに合わせて、心臓病・肝臓病腎臓病など、1つの臓器病気しか診ることのできない「臓器専門医」ばかりを養成するようなシステムに、いつの間にかなってしまった。いわゆる「病気臓器)を見て、病人を診ず」といわれる状況である。  自分が専門とする臓器病気には詳しいが、それ以外の病気に関しては素人同然という医者も少なくなく、人間を「丸ごと1人」診ることのできる昔気質(むかしかたぎ)のオールマイティな医者、例えば、ちょっとした皮膚の湿疹からでも隠れた内臓ガンをピタリと言い当ててしまうような「名医」は、今やほとんどいなくなってしまったと、言ってもいいのではないだろうか。  近年、世界医学部の頂点に立つ米国ハーバード大学医学部では、巣立っていく医者たちを、人間丸ごと1人を診ることができる「スーパードクター」に養成すべく、その教育・研修プログラムを抜本的に変更したばかりである。  これは、あまりにも「臓器専門医制度」に偏り過ぎてしまった現代医療の弊害の著しさを反省し、「病気臓器)を見て、病人を診ず」になってしまった現代の医者たちを抜本的に教育し直そうという大改革でもあるが、裏返せば今日、それだけ医療事故・誤診が多発しているということを物語っている。  米国のみならず、我が日本においても、医学教育改革の必要性がとみに叫ばれるようになっているが、残念ながら実現には至っていないのが、現状である。  そういう今日、世の中を見渡しても様々な病気症状から正しい診断を導くための「手軽な手引書」が無いように思われる。  そんな状況下、本書を出版することになった。本書は、本文で紹介している様々な具体的な症例を一読するだけで、あたかも熟練した名医のように正しい診断を導けるように構成してある。  拙著が、読者の皆さんのお役に立ち、病気の診断に対する一助となれば、著者として、とてもうれしく思うものである。           2004年 米国ハーバード大学にて     医学博士 亀山元帥


春の新生活用品特価、価格最大80%OFF
★コトバ★TASKS今日は何の日停電対策 Error : RSSが取得できませんでした。 ==