ヨハン・セバスティアン・バッハ

新生活家電:アイロン | コーヒーメーカー | シェーバー | シャワートイレ | キッチン家電 | ふとん乾燥機 | ホームベーカリー | 空気清浄 | 健康家電 | 照明・電球 | 炊飯ジャー | 掃除機 | 電気ケトル | 電子レンジ・トースター | 電動歯ブラシ | 冷蔵庫|

ヨハン・セバスティアン・バッハ

略年譜

アイゼナハ時代 (1685年-1695年)

オールドルフ時代 (1695年-1700年) 兄の下で勉強

  • 1695年:ラテン語学校第4学級に進級。2月20日、父が死去。長兄のヨハン・クリストフが引取る。

リューネブルク時代 (1700年~1703年) ミカエル教会付属学校給費生

  • 1700年:ラテン語学校を退学。リューネブルクの聖ミカエル教会附属聖ミカエル学校に給費生として入学してミカエル教会聖歌隊員になる。
  • 1702年:聖ミカエル学校を卒業(したようだ)。ザンカーハウゼンの聖ヤコビ教会のオルガニストに志願する(叶わず)。

アルンシュタット時代 (1703年~1707年)アルンシュタットの新教会オルガニストになる。

  • 1703年3月:ザクセン=ヴァイマル公ヨハン・エルンストの宮廷楽師兼従僕となる。7月、アルンシユタットの新教会(現バッハ教会)のオルガン鑑定。8月9日アルンシユタット新教会のオルガニストに就任する。
  • 1704年:最愛の兄の旅立ちに寄せるカプリッチョ:BWV992を作曲スウェーデン王の近衛隊オーボエ奏者となった兄ヨハン・ヤコプに別れに際して)
  • 1705年8月4日:聖歌隊員ガイヤースパッハと市庁舎広場にて暴力事件。8月:暴力事件に関し聖職会議で審理。10月:聖マリエン教会オルガニストであるプクステフーデの演奏を聴くためリューベックヘ旅行12月2・3日、プクステフーデの公開演奏会「タベの音楽」で《悲しみの城》(レオポルト1世?(神聖口一マ帝国皇帝?)葬送用)と 《栄光の宮》(次の新皇帝ヨーゼフ1世?戴冠祝用)を聴く。
  • 1706年:2月21日、聖職会議で無断の休暇延長について喚間。11月11日、見知らぬ女性を教会内で歌わせたことについて聖職会議で喚間。11月28日、ランゲヴィーゼンの教会でオルガン鑑定。 (パッヘルベル没)

ミュールハウゼン時代 (1707年~1708年)ブラジウス教会オルガニストになる。

  • 1707年:6月15日、ミュールハウゼン聖ブラジウス教会のオルガニストになる。6月29日、アルンシユタット市参事会に辞表提出。10月17日、ドルンハイムの聖バルトロメオ教会にてマリア・バルハラと結婚式

ヴァイマル時代 (1708年~1717年) 宮廷オルガニストになる。

6月25日までにヴァイマル、ザクセン=ヴァイマル公ヴィルヘルム・エルンストの宮廷オルガニスト兼宮廷楽師になる。6月25日ミュールハウゼン市参事会に辞表提出。7月ヴァイマルに移転。12月29日長女カタり一ナ・ドロテーア誕生。

  • 1710年:11月22日長男ヴィルヘルム・フリーデマン誕生。
  • 1713年:2月23日ヴァイセンフェルスでのザクセン=ヴァイセンフェルス公クリスティアンの誕生祝賀会にて世俗カンタータBWV208初演。
  • 1714年:3月2日ヴァイマル宮廷楽団の楽師長就任。毎月一曲、カンタータ作曲の義務を負うことになる。

3月8日次男のカール・フィリップ・エマヌエル(C.P.E.Bach)誕生。

  • 1715年:5月11日、3男∃ハン・ゴットフリート・ベルンハルト誕生。

ケーテン時代 (1717年~1723年)ケーテン候の宮廷楽長になる。

  • 1717年:8月5日、アンハルト=ケーテン侯レオボルトの宮廷楽長になる。

秋頃、フランスオルガニスト、ルイ・マルシャンと競演のためにドレスデン訪問。11月6日ー12月2日、領主に対する「頑迷な辞任要求」の罪で拘禁される。12月2日「失寵による解雇」が言い渡され拘禁から解かれる。12月末、ケーテンに移る。

  • 1718年:5月ー6月頃、レオポルト侯とカールスパート(現チェコ、カルロヴィ・ヴァリ)旅行
  • 1720年:1月22日、フリーデマンのためのクラヴィーア小曲集?を作り始める。7月7日、妻のマリア・バルバラ埋葬。11月、ハンプルク聖ヤコビ教会オルガニストに志願し採用される。しかしその後、就任を拒否。
  • 1721年:2月22日、長兄のヨハン・クリストフ没。3月24日、ブランテンブルク辺境伯クリスティアン・ルードヴィツヒにブランデンプルク協奏曲?献呈。8月7ー13日、シュライツて客演。12月3日、アンナ・マクダレーナ・ヴィルケと再婚
  • 1722年:4月16日、兄ヨハン・ヤーコブスがストックホルム死去12月、ライプツィヒ聖トーマス教会カントールに志願。アンナ・マグダレーナ・バッハのためのクラヴィーア小曲集?第1巻を作成開始。平均律クラヴィア曲集第1巻?が完成。

ライプツィヒ時代 (1723年~1750年) トーマス教会カントルになる。

1742年:8月30日、クラインチョッハーで荘園領主カール・ハインリヒ・フォン・ディースカウの表敬カンタータBWV212上演。  

  • 1745年:11月30日、第2次シュレージエン戦争でライプッイヒがプロイセン軍に占領。
  • 1746年:4月16日、長男フリーデマンがハレの聖母教会オルガニストに就任。
  • 1747年:5月7?8日、ポツダムで即興演奏。8日、ポツタム聖霊教会でオルガン演奏。6月、L.Ch.ミツラーの普楽学術協会に入会。7月7日、フリードリヒ大王に音楽の捧げもの?BWV1079献呈。9月30日、ライプツィヒの新聞に 音楽の捧げものBWV1079広告を出す。
  • 1748年:孫のヨハン・セバスティアン・バッハ2世誕生。
  • 1749年:1月20日、娘の工リザベート・ユリアーネ・フリーデリカとアルトニコルが聖トーマス教会で挙式。4月4日、ヨハネ受難曲(第4稿)再演。
  • 1750年:1月、5男クリストフ・フリードリヒがピユッケブルクの宮廷音楽家に採用される。3月、眼の手術を二度受ける。7月、視力を回復。しかしその後、卒中の発作。7月28日午後8時15分、死去享年65。30または31日、聖ヨハネ教会に埋葬。

* はてなダイアリーキーワード:ヨハン・セバスティアン・バッハ


春の新生活用品特価、価格最大80%OFF
★コトバ★TASKS今日は何の日停電対策 Error : RSSが取得できませんでした。 ==