ルネ・デカルト

新生活家電:アイロン | コーヒーメーカー | シェーバー | シャワートイレ | キッチン家電 | ふとん乾燥機 | ホームベーカリー | 空気清浄 | 健康家電 | 照明・電球 | 炊飯ジャー | 掃除機 | 電気ケトル | 電子レンジ・トースター | 電動歯ブラシ | 冷蔵庫|

ルネ・デカルト

ルネ・デカルト

ラテン名:Renatus Cartesius

こんなひと画像

 デカルト暗殺: アイケ ピース,Eike Pies,山内 志朗: 本


1596年、フランス、アンドル=エ=ロワール県ラ・エー生。父はブルターニュの高等法院評定官。

1606年、イエズス会ラ・フレーシュ学院?入学*1

1614年、学院卒業。その後ポワティエ大学進学、法学・医学を修める。

1616年、卒業学位(法学士)。

1618年、オランダでナッサウ伯マウリッツの軍隊に入隊。実際の戦闘はなし。

1618年11月、ブレダで医師イザーク・ベークマンと出会う。

1619年4月三十年戦争勃発、ドイツバイエルン公マクシミリアン1世の軍隊に入隊。フランクフルト皇帝フェルディナント2世?の戴冠式に参加。

1619年11月10日、「驚くべき学問の基礎」を発見という。

1623年~1625年、ヴェネツィア、ローマを旅行。その後パリに住み、メルセンヌ、ホッブズ、ピエール・ガッサンディなどと交友。

1628年、『精神指導の規則?』(未完)。オランダ移住。この頃『世界論』執筆、だが1633年ガリレイが地動説で審問され『世界論』公刊を断念。

1637年、『方法序説?』公刊。

1641年、『省察?』公刊。

1643年5月、プファルツ公女エリーザベト*2と書簡交わし始める。

1644年、『哲学の原理?』公刊。

1645年6月、ユトレヒト市がデカルト哲学に関する出版・論議を禁じる。

1649年『情念論』公刊。

1649年、スウェーデン女王クリスティーナから招かれ10月ストックホルムに到着。

1650年1月、女王への講義を行う。2月風邪をこじらせ肺炎を併発、死去



ルネ・デカルトの資料、著作など


名言

「我思うゆえに我あり」(方法序説?)。

*1アンリ4世自身が邸宅

*2:プファルツ選帝侯フリードリヒ5世長女


春の新生活用品特価、価格最大80%OFF
★コトバ★TASKS今日は何の日停電対策 Error : RSSが取得できませんでした。 ==