作文

新生活家電:アイロン | コーヒーメーカー | シェーバー | シャワートイレ | キッチン家電 | ふとん乾燥機 | ホームベーカリー | 空気清浄 | 健康家電 | 照明・電球 | 炊飯ジャー | 掃除機 | 電気ケトル | 電子レンジ・トースター | 電動歯ブラシ | 冷蔵庫|

作文

ディレクトリ>>コト>>

==

関連:国語感想文、小論文論文、記事、


作文

文を作ること

なぜか小学校でも中学校でも、あんまり教えてくれない基本技術読点の使い方を教えてくれただろうか?)があり↓、これをしっているひととそうでないひとでは、受験、進学、その後の仕事にも大きな違いが出ること必至。


作文技術

本多勝一の名著ロングセラーとはこんな本だ。

日本語の作文技術 (朝日文庫)

 日本語の作文技術 (朝日文庫)

目次

第1章 なぜ作文の「技術」か

第2章 修飾?する側とされる側

第3章 修飾の順序

第4章 句読点?のうちかた

1.マル(句点?)そのほかの記号

2.テン(読点?)の統辞論

3.「テンの二大原則」を検証する

第5章 漢字とカナの心理

第6章 助詞?の使い方

1.象は鼻が長い──題目を表す係助詞?「ハ」

2.蛙は腹にはヘソがない──対照(限定)の係助詞「ハ」

3.来週までに掃除せよ──マデとマデニ

4.少し脱線するが……──接続助詞?の「ガ」

5.サルとイヌとネコとがけんかした──並列の助詞

第7章 段落?

第8章 無神経な文章

1.紋切型

2.繰り返し

3.自分が笑ってはいけない

4.体言止め?の下品さ

5.ルポルタージュの過去形

6.サボリ敬語

第9章 リズムと文体?

1.文章のリズム

2.文豪?たちの場合

第10章 作文技術」の次に

1.書き出し?をどうするか

2.具体的?なことを

3.原稿?の長さと密度

4.取材の態度と確認

<付録> メモから原稿まで


『実戦・日本語の作文技術』

『実戦・日本語の作文技術』

前編 実戦・日本語の作文技術

1.読点の統辞論──日本語のテンについての構文上の考察

2.「わかりやすい」ということ

3.かかる言葉と受ける言葉──「直結」の原則

4.「修飾の順序」実戦編

5.「テンの二大原則」実戦編

6.裁判の判決文を分析する

7.欠陥文をどう直すか

8.たかが立て札の文句だが……

後編 日本語をめぐる「国語」的情況

1.日本語と[[方言]」の復権のために

2.『[[日本語類語大辞典]]』の編纂を

3.日本には日本語の辞書が存在しない

4.真の「[[日本語大辞典]]」への[[一里塚]]たる[[藤原与一]]博士の『[[瀬戸内海方言辞典]]』

5.作文を嫌わせる方法

6.[[複眼]]と「複眼的」

7.何をもって「[[国語の乱れ]]」とするのか

8.家畜人用語辞典のこころみ

付録 わかりやすい説明文のために──[[西郷竹彦]]氏との[[対話]]


日本語作文術 (中公新書)

 日本語作文術 (中公新書)


春の新生活用品特価、価格最大80%OFF
★コトバ★TASKS今日は何の日停電対策 Error : RSSが取得できませんでした。 ==