戦線文庫

新生活家電:アイロン | コーヒーメーカー | シェーバー | シャワートイレ | キッチン家電 | ふとん乾燥機 | ホームベーカリー | 空気清浄 | 健康家電 | 照明・電球 | 炊飯ジャー | 掃除機 | 電気ケトル | 電子レンジ・トースター | 電動歯ブラシ | 冷蔵庫|

戦線文庫

ディレクトリ>>モノ>>書籍,書棚>>記録,歴史

戦線文庫

戦線文庫 (3)

タイムマシーンから出てきたような歴史の遺物..

「戰線文庫」は、旧日本海軍省の監修による戦地の将兵を慰め、かつ戦意の高揚をめざして発行された月刊誌。編集を民間に委託し、昭和13年から昭和20年の終戦間際にかけて7年ほど、海軍の将兵一人ひとりに無償で配布していた。報道班員の戦況報告など戦時下ならではの記事もあるが、ごく大衆的な娯楽読み物を中心とした雑誌である。当時の人気女優が巻頭のグラビアを飾り、菊池寛・長谷川伸・吉屋信子などの一流作家漫画家が、世相や風俗をそれぞれの筆致で表現している。合本保存されていた58冊の中から、第3号(昭和13年発行、B6判)と第53号(昭和18年発行、A5判)の2冊を紙の様式、版型等を含め完全復刻した。また『「戰線文庫」解説』として、巻頭にノンフィクション作家・橋本健午氏による解説、残る56冊すべての表紙と目次を掲載、年ごとに年表を表示し、その時代および雑誌として特長ある記事等を復刻した。これによって時局の対比、戦時下、国民が味わった空気感を今日の読者に知ってもらうことができるだろう。


春の新生活用品特価、価格最大80%OFF
★コトバ★TASKS今日は何の日停電対策 Error : RSSが取得できませんでした。 ==