文明崩壊

新生活家電:アイロン | コーヒーメーカー | シェーバー | シャワートイレ | キッチン家電 | ふとん乾燥機 | ホームベーカリー | 空気清浄 | 健康家電 | 照明・電球 | 炊飯ジャー | 掃除機 | 電気ケトル | 電子レンジ・トースター | 電動歯ブラシ | 冷蔵庫|

文明崩壊

文明崩壊

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (下)

Collapse: How Societies Choose To Fail Or Succeed

前著『銃・病原菌・鉄』は「文明発展」の道筋を「環境」的要因から探った、今回は「文明崩壊」。その鍵も「環境」にある。

ある社会は、

というサイクルをたどります。古代マヤ、イースター島、北米アナサジ族、グリーンランドのノルウェー入植地、さらには現代のルワンダ、ハイチとドミニカ、中国オーストラリアなど、本書がとりあげる事例をみても、このサイクルは古代から現代にいたるまで、あらゆる場所で恐るべき確度で繰り返された。そして過去、個別の社会でみられた宿命的なサイクルが現在、全地球規模で進行しつつあるという。この状況を乗り越える道はどこに?ダイアモンド教授のモチーフ、観念的な環境保護論に走ることなく、徹底して現実的な視点から存続のための処方箋を提示。いま最も重要なテーマをきわぁてスリリングな読み物としてまとめあげた全米ベストセラー、待望の翻訳

目次

●第1部● 現代のモンタナ

第1章 モンタナの大空の下

●第2部● 過去の社会

第2章 イースターに黄昏が訪れるとき

  • 巨石像をめぐる数々の謎
  • イースター島の地理歴史
  • 岩石を使った集約農法
  • 民族間抗争から統合へ
  • 石像(モアイ)と台座(アフ)の謎
  • モアイはいかにして運ばれたか
  • かつては亜熱帯性雨林の島
  • 食料動物種絶滅と森林破壊
  • 倒されるモアイ イースター社会の崩壊
  • ヨーロッパによる搾取と虐待
  • 森林破壊を促す九つの要素
  • "孤立した地球”のメタファー

第3章 最後に生き残った人々 ピトアケン島とヘンダーソン島

  • バウンティ号の叛乱者たちが見たもの
  • 条件のまったく違う三島
  • 交易によって存続した三島
  • ドラマの終わり 交易を絶たれた二島

第4章 古の人々 アナサジ族とその隣人たち 

  • 砂漠の農夫たち
  • 年輪年代法が歴史を再現
  • 農業戦略 水の確保をめぐって
  • モリネズミとチャコ峡谷環境問題
  • 地域統合 外郭集落と中心地チャコ
  • 衰退と終焉
  • 遺跡が語るもの 持続可能性の問題

第5章 マヤの崩壊

  • 消えた都市の謎
  • マヤの環境 北部と南部の水対策
  • 農法と食料供給
  • 「長期歴」で刻まれたマヤの歴史
  • パンの谷 森林伐採と土地浸食
  • 複合崩壊
  • 戦争と旱魃
  • 南部低地の崩壊
  • マヤ崩壊が語るもの

第6章 ヴァイキングの序曲プレリュード)と遁走曲(フーガ

  • 大西洋上の実験
  • ヴァイキングの勃興
  • 自己触媒作用 掠奪・富・精力拡大
  • 農夫としてのヴァイキング
  • 鉄器製造のための莫大な樹木
  • 首長たちの提携と抗争
  • キリスト教への改宗と自己意識
  • 六つの植民地の存続と滅亡
  • 火山、氷、水、風 アイスランドの環境
  • 土地管理 失敗歴史
  • アイスランドと他の入植地の違い
  • ヴィンランド 短期間で滅んだ辺境の国

第7章 ノルウェー領グリーンランドの開花

第8章 ノルウェー領グリーンランドの終焉

  • 終焉への序章
  • 鉄不足が招いた森林破壊
  • 土壌と柴土へのダメージ
  • イヌイットの先人「ドーセット」
  • 極北を生き抜いたイヌイット
  • イヌイットに対する"悪しき態度”
  • 終焉 入植地の消滅
  • 終焉を招いた真の理由

* はてなダイアリーキーワード:文明崩壊


春の新生活用品特価、価格最大80%OFF
★コトバ★TASKS今日は何の日停電対策

????(????)??ŷ??

1. 8??18??(??)??ŷ?????ޤ? ?Τ? ????
==