日本国の正体

新生活家電:アイロン | コーヒーメーカー | シェーバー | シャワートイレ | キッチン家電 | ふとん乾燥機 | ホームベーカリー | 空気清浄 | 健康家電 | 照明・電球 | 炊飯ジャー | 掃除機 | 電気ケトル | 電子レンジ・トースター | 電動歯ブラシ | 冷蔵庫|

日本国の正体

ディレクトリ>>モノ>>書籍

==

関連:日本オワタ


日本国の正体 政治家官僚メディア――本当の権力者は誰か

長谷川幸洋

新聞やテレビでは絶対にわからない教科書には絶対に書かれない裏世界

子供はいづれ大人となり、徐々にこの片鱗を知っていく、そして世界不信になるのであった

三権分立、国会は国権の最高機関・・・・そんなものみんな建前

本当のリアルな姿を知りたい人のために・・・

官僚組織と政権の裏側、マスメディアの実態を、実際に体験した具体例を元に描いた。

「財政再建」を唱える財務官僚は、なぜ不況を大歓迎?赤字ばらまきのために奔走?

経産省の役人らが天下り先を作り出す「専務理事政策」

大手マスコミの「できる記者」ほど役所の「ポチ」に陥りやすい構造


日本国の正体 政治家・官僚・メディア――本当の権力者は誰か

 日本国の正体 政治家・官僚・メディア――本当の権力者は誰か


【目次】

第1章 官僚メディアの本当の関係

・新聞は何を報じているか

・不可解な事件

霞が関の補完勢力になった新聞

・転向の理由

・政権を内側からみるということ

第2章 権力の実体

政治家官僚

・「増税」をめぐるバトル

・財務官僚の変わり身

・福田首相の本心

・事務次官等会議

第3章 政策の裏に企みあり

・「政策通」の現実

・カネは国が使うべきか、国民が使うべきか

・定額給付金は「ばらまき」か

・「官僚焼け太り予算」を点検する

・政策立案の手法

・「専務理事政策」とはなにか

第4章 記者の構造問題

記者はなぜ官僚のポチになるのか

真実を報じる必要はない?

・「特ダネ」の落とし穴

記者道具にすぎない

官僚にとっての記者クラブ

第5章 メディア操作を打破するために

霞が関幻想

・先入観としての「三権分立」

・「政府紙幣発行問題」の顛末

記者が陥る「囚人のジレンマ」

報道の力を取り戻すために


春の新生活用品特価、価格最大80%OFF
★コトバ★TASKS今日は何の日停電対策 Error : RSSが取得できませんでした。 ==