昭和二十年夏、僕は兵士だった

新生活家電:アイロン | コーヒーメーカー | シェーバー | シャワートイレ | キッチン家電 | ふとん乾燥機 | ホームベーカリー | 空気清浄 | 健康家電 | 照明・電球 | 炊飯ジャー | 掃除機 | 電気ケトル | 電子レンジ・トースター | 電動歯ブラシ | 冷蔵庫|

昭和二十年夏、僕は兵士だった

ディレクトリ>>モノ>>書籍

ノンフィクション

戦争

WWII太平洋戦争

関連:昭和二十年


昭和二十年夏、僕は兵士だった:

梯久美子?

大塚初重?は輸送船?が撃沈され、足にしがみついてきた兵隊を蹴り落とした。

三國連太郎は徴兵忌避の大罪を犯し、中国の最前線に送られた。

水木しげるニューブリテン島で敵機の爆撃を受けて左腕?を失った。

マリアナ沖海戦レイテ沖海戦沖縄海上特攻を生き延びた池田武邦?

昭和二十年夏、僕は兵士だった

 昭和二十年夏、僕は兵士だった

目次

  1. 賭博、男色、殺人―。南の島でわたしの部下は、何でもありの荒くれ男たち。でもわたしは彼らが好きだった。―金子兜太
  2. 脚にすがってくる兵隊を燃えさかる船底に蹴り落としました。私は人を殺したんです。一八歳でした。―大塚初重
  3. 逃げるなら大陸だ。私は海峡に小舟でこぎ出そうと決めました。徴兵忌避です。女の人が一緒でした。―三國連太郎
  4. もうねえ、死体慣れしてくるんです。紙くずみたいなもんだな。川を新聞紙が流れてきたのと同じです。―水木しげる
  5. マリアナ沖海戦、レイテ沖海戦?、そして沖縄特攻。二〇歳の頃に経験したことにくらべれば、戦後にやったことなんか大したことない。―池田武邦

春の新生活用品特価、価格最大80%OFF
★コトバ★TASKS今日は何の日停電対策 Error : RSSが取得できませんでした。 ==