洞窟オジさん

新生活家電:アイロン | コーヒーメーカー | シェーバー | シャワートイレ | キッチン家電 | ふとん乾燥機 | ホームベーカリー | 空気清浄 | 健康家電 | 照明・電球 | 炊飯ジャー | 掃除機 | 電気ケトル | 電子レンジ・トースター | 電動歯ブラシ | 冷蔵庫|

洞窟オジさん

洞窟オジさん 荒野の43年

2004年5月刊。

人生のほとんどを洞窟で過ごした男(加村一馬)の物語だ。

昭和21年8月31日生まれ。群馬県大間々町*1出身。昭和35年、当時13才だった少年は「両親から逃げたくて」愛犬シロを連れて家出。以来、彼はひとりで誰にも知られることなく、足尾鉱山洞窟、富士の樹海?などの山野で暮らしイノシシやシカ、ヘビ?にネズミ?、コウモリ?野ウサギなどを食べ、命からがら熊の急襲から逃げ、命をつないできた。少年発見された時、57才になっていた。


荒野での43年、最強ホームレスが驚愕全サバイバルを語るぞ!

洞窟オジさん 荒野の43年

加村一馬



NHK BSプレミアム洞窟おじさん』(10月1日より毎週木曜夜9時 放送予定)原作本?

あれから11年、社会復帰を果たした「オジさん」は群馬県障害者支援施設に住み込みで働いていた。彼はなぜそこで生きることになったのか。そして、「自分のため」ではなく「他人のため」に生きる喜びを知った「オジさん」は何を語るのか。トラブル続きの集団生活、「天使のような」女性との出会いブルーベリー栽培への挑戦、初めての入院生活…。12万字を越える加筆。

彼が特別な人には思えませんでした。純粋で、照れ屋で、笑うと目尻が下がる可愛らしいオジさん。そんな彼がどうして、人を拒絶し、過酷な生活を送り、時に自死を考えなければならなかったのか。“洞窟”側からずっと私たちの社会を見てきた加村さんの言葉には、私たちが考えるのを止めてしまった「矛盾」や、当たり前になりすぎて感じることができなくなってしまった「幸せ」に気づかせてくれます


春の新生活用品特価、価格最大80%OFF
★コトバ★TASKS今日は何の日停電対策 Error : RSSが取得できませんでした。 ==