餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか

新生活家電:アイロン | コーヒーメーカー | シェーバー | シャワートイレ | キッチン家電 | ふとん乾燥機 | ホームベーカリー | 空気清浄 | 健康家電 | 照明・電球 | 炊飯ジャー | 掃除機 | 電気ケトル | 電子レンジ・トースター | 電動歯ブラシ | 冷蔵庫|

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

林總

id=x

主人公は父の急逝でアパレル会社社長に就いた由紀。銀行からリストラを迫られ、会計の専門家・安曇に教えを請う。由紀は安曇と日本料亭寿司屋、フランス料理店、餃子屋などで食事しながら、「経営情報そのもの」である会計の読み方や儲かる商売のあり方を学ぶ。標題の「餃子屋と高級フレンチ」に関しては、利益構造と損益分岐点の分析が必要であることを気づかせる。“素人社長”だった由紀は会社の新成長戦略を描くまでに成長する。

<ストーリー>

中堅アパレルメーカー「ハンナ」のデザイナー由紀は、父の遺言により倒産寸前の会社社長に就任した。しかし、経営に何の興味もなければ経験もない由紀は、途方に暮れてしまう。さらに、メインバンクの文京銀行駒込支店長高木から、「1年経っても業績が改善しなければ融資を引き上げる」と通告されてしまう。由紀は会計のプロである安曇の指南を受けながら、つぎつぎと襲いかかる困難に立ち向かう。そして1年後、運命の日がやってきた・・・。

<読みどころ>

会計についてほとんど知識のないビジネスパーソンでも、ストーリーを

読み進めるうちに、自然に決算書の読み方やキャッシュフロー経営のしくみ、経営に必要な会計センスが身に付くという内容。会計について知りたい人、会社数字に詳しくなりたい人向け


春の新生活用品特価、価格最大80%OFF
★コトバ★TASKS今日は何の日停電対策 Error : RSSが取得できませんでした。 ==